☆海へ行くつもりだった☆
sorenanoni.exblog.jp

感性優先ブログ☆
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
e0093741_1731590.jpg

☆風と街☆



e0093741_16174070.jpg

☆星を撒く☆




なんでもない日常を
書いてるつもりです。

ここは気ままにホッとするところ

<素材をお借りしております>




e0093741_207506.gif

*************



海は、存在であり
雨は、
現象にしかすぎない。

いつも、ひとを畏れ
天使を信じ、
見て見ぬふりをせず、
なみだしていたい。




Counting the number sheep
e0093741_1954309.gif

世界中の子供たちの瞳が、
真剣味を
帯びて輝く
豊かな子供も
貧しさの中の子も
ひそやかに、待つ。
胸をときめかせ
待っている、その日。

天使マイケル
一応、ここの守護神☆

海に
ふれると
治癒され
よみがえるのかもしれない。




c0235535_22152351.jpg



ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧
記事ランキング
タグ
以前の記事
ライフログ
最新の記事
映画「トラさん~僕が猫になっ..
at 2019-02-18 06:49
kisaraのブログ 2月2..
at 2019-02-13 06:57
母とお姉さん~  rosem..
at 2019-02-11 15:34
私は
at 2019-02-11 08:01
keikoさんへ
at 2019-02-09 06:43
「はまゆうの咲く頃 1」・・..
at 2019-02-08 10:36
誕生日
at 2019-02-06 11:06
木枯らしの吹く前に
at 2019-01-29 08:43
車を大好きだった(T_T)
at 2019-01-29 08:34
天使がくれた時間
at 2019-01-29 08:30
治夫 夫
at 2019-01-28 13:45
今日
at 2019-01-26 10:47
小説~「一平が泣いてる」
at 2019-01-25 10:42
年上の女  ☆光る瞳 ①
at 2019-01-25 10:36
年上の女 ☆星の降る夜 ②
at 2019-01-25 10:31
ポーセラーツ日記 あやかさんへ
at 2019-01-25 09:52
眠れない・小説・
at 2019-01-24 13:49
rosemama(ロゼママ)さん
at 2019-01-24 07:27
今日も…更新しました(オキザ..
at 2019-01-24 07:23
恒隆 父
at 2019-01-22 07:40
KNOcK_OUT*
e0093741_10102134.jpg
いつもありがとうございます~☆<(_ _)> 
わたしは 脳左: 失語症、右上下肢麻痺

        名前は風歌(ふうか)雨 rain でもいいです(^^♪
       

 短歌(歌)は一平に。 愛知大学 ・豊橋(18才…)



人間ぎらい (1978年)

田辺 聖子/新潮社

スコア:




e0093741_12002557.jpg




e0093741_15191213.jpg




e0093741_12595690.jpg



e0093741_13003248.jpg



e0093741_11210586.gif

e0093741_07453810.jpg
      

     私は2005年~
     名前は「雨」「あめさん」「rain」でした。

    
e0093741_07255958.jpg



# by before_rain | 2020-12-08 10:28 | 誕生日
映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」
rosemamaさん へ 
まだ 見てないんですが 愉しいものかも(^^♪
ありがとう!(^^)

e0093741_08051668.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「北山宏光さんがやるなら絶対大丈夫!」原作者・板羽皆に聞いた


ある日突然、死んでしまい、猫として元の生活に戻ったら……。
売れない漫画家の高畑寿々男が“あの世”の関所で言い渡されたのは猫になって人生を挽回することだった──。



e0093741_07323089.jpg






e0093741_07240363.jpg






e0093741_07331179.jpg




e0093741_07334090.jpg


e0093741_07341961.gif







# by before_rain | 2019-02-18 06:49 | 一平と嵐
kisaraのブログ 2月21日 誕生日 (*'▽')

           http://kisara-amethyst.cocolog-nifty.com/blog/

e0093741_06495321.jpg






e0093741_06505690.jpg




e0093741_06515893.gif



e0093741_06524070.jpg




# by before_rain | 2019-02-13 06:57 | 誕生日
母とお姉さん~  rosemamaさん (人''▽`)ありがとう☆
   
      秋野 嘉代子伯母さん

      母が私の声(電話の時)は

       嘉代子伯母さんに似てるって


e0093741_15242138.jpg
             紫が好きな人(先生・洋裁)





e0093741_15252906.jpg
                  母↑








e0093741_15263368.jpg
               実家 私↑




  

# by before_rain | 2019-02-11 15:34 | 誕生日
私は
      岩谷 恵美子(いわたに えみこ)

   南中学校の時
     清水 へいすけさん

   絵のうまい人


    塩浜病院へ行きました、夕方(南中学校の時)。
       3人で行きました。
    

    清水へいすけさん耳の病院
      チャコレートをあげた。

 
        
      19才の時
e0093741_07510011.jpg




# by before_rain | 2019-02-11 08:01 | 誕生日
keikoさんへ
     https://angelcook.exblog.jp/

e0093741_06391595.gif
アンソロポロジーの雑貨

アンソロポロジーの雑貨 どこですか?


e0093741_06414316.jpg







# by before_rain | 2019-02-09 06:43 | イイネ( ^^) _旦~~
「はまゆうの咲く頃 1」・・・その人の名は言えない
2008年3/29に記事でしました。

https://www.youtube.com/watch?v=XgxEaTTOwn8


この物語は、ある流行歌を聴いていて、思いつきました。

タイトルは「仮題」です、タイトルをつけてほしいとお願いしてありました。

自分にとって、創作の「声」を、書き綴ることは、ほのぼのとたのしいことでした。



この物語のテーマは、「雨」です。

降りやまない雨も、いつかは止み、虹がかかり、クモの巣には小さな真珠のネックレスが
揺れるだろう ことを思い描き、書いてみたいと思いました。

人は、観念だけでは、もちろん、生きられないのです。
でも、観念を、やり過ごそうとすると、観念は復讐するのかもしれない。


人は人、、自分の魂の拠り所を、大切に生きることが、他人への愛につながる、、
お為ごかしも、称賛も、同意も、同情も、介在させては、いけない。




それでは「ハマユウの咲く頃」・・・お楽しみください。



懐かしさのあまり、街中をうろうろ歩き
遅くなってしまった。

舗道もアーケードも、昔のまんまだった。

ふいに その角を曲がれば、やさしい笑顔が近づいてくるような、

そんな地方都市、、鉄道の要所であるその街は、港町でもあった。

1年生の時、ギターアンサンブルの友人と、はじめてバイトの面接に行った
喫茶店が見えて来た、、ナイトクラブを思わせる大きく派手な建物、、しずしずと通過だ。

その友人
色白で線が細く、顎がちょっと張ってるのもセンシブルで
清潔感のある、彼女は、いっつも私にお手製の昼飯をごちそうしてくれようとする。
学内で、顔でも見かけると、「ちょっとちょっと~、」と呼びかけ、自分の下宿先へ連れてくれ、
食べさせてくれるのである。

そういえば、自分はこの友人だけではなく、下宿先の先輩とか、後輩までも
色々作っては、持って来てくれた、、なんだかな、、腹減ってる感じだったのか、
世話焼けるタイプとか
いやいや、しっかりして見えてたと思うが、、ほっとけない人だったのかもね。
ところで
キブイという言葉が「危ない」という意味だと、教えてくれたのもその清潔感の人。




履きなれた中ヒールにしてよかったと思う、
いっつも靴ずれで、、旅の途中で靴を買うはめにならないように、今日は気合を入れて来た
と、いうわけでもない(笑)


<画像>



焦げ茶を基調にしたホテルは、静まりかえっていた。
「はい?どなたさまで?」とは言わず、フロントは礼儀正しく迎えてくれた。

どうやら、私の方が先に着いてしまったようだ。


一瞬迷った、ま、いいか~相手の名を書いてカウンターにペンを置いた。


小さなスーツケースとハンドバッグをサイドテーブルの脇に置くと、
靴を脱ぎ、それだけが妙に安っぽいスリッパを履いたが、思い直してまた靴を履いた。

自分より先にチェックインした女が、
パタパタとスリッパを履いてたんじゃ興ざめするだろうと思ったからだ。
スリッパなんて一流どこにはないよね?


窓の外には細い雨が、絹糸の線を描いて、通行人を淡く浮き上がらせていた。


もうすぐやって来るのか、、


美術部の部長だったその人は、たぶん、この近くで店を出している後輩につかまってしまっているのかもしれない。

「フォルム」という名の画材屋は、
小さな喫茶スペースを持っていて 間には、背の高いサラサラした観葉植物が揺れていた、
大きい絵は床に置かれたりもしていた。




もうすぐ



待っている気分は好きな方だが、時として、この時間が永遠に続けばいい と思うこともある。

逢うことが、なければ、別れることもないからだ。


いつも私は、全身で受け入れ、傾倒しつくし、相手を疲れさせる と思う。

それが、解っているから、、ためらい、、立ち竦む。


会うことさえ、拒み、、呆れさせる。



もうすぐ、彼はやって来るだろうか、、




雨が、激しく降り始め、人々は、足早に舗道を行き過ぎて行った。


                     小説

@上手 (ー_ー)!!

わたしって巧い  !(^^)!



# by before_rain | 2019-02-08 10:36 | ☆はまゆうの咲く頃
誕生日
 
          1月1日 私(風歌)です

          1月1日  appleさん   
          https://botanicale.exblog.jp/

         1月4日 近藤晶子さん(ナース) 

e0093741_08242418.jpg





e0093741_07593848.gif



 私の車 (^^♪
e0093741_07051014.jpg

隆之(弟) 1月13日 O型

さち子(嫁) 1月14日 B型

           西村さん 1月13日 A型

           菜美さん(ナース)1月29日 A型

           kisara 2月21日 A型
              
           真智子さん(介護) 2月21日 B型 


e0093741_16544088.gif
                 博士(名古屋大学)
                
      
              

            嘉敬(よしたか)弟 2月26日 O型 絵が好き。

  
      法子先生(目・眼) 3月20日 AB型
  
       嘉志摩さん(中学生)3月21日  A型 

   
神門先生は3月12日 A型


e0093741_08022705.jpg
  照子(友達 近所)4月2日 AB 型
「負けないで! めげないで~!(^^)!」


            恒二(いとこ)4月8日 ?

              池田先生 4月21日 脳 A型


           一平(孝征)は5月6日 B型 (^^)/

e0093741_07111224.png
 
    野崎喜美さん(友達)5月17日 O型

       鈴木ひろみさん(ナース)5月8日  A型

e0093741_08033361.jpg
         中村さん(いとこ)8月8日 O型
                   
          
        三浦大知さん 8月24日 AB型

        知子先生(友達・岐阜県)8月29日 AB型 


    
   亜希さん(ナース)9月13日 O型
   亜希さんは 本 大好き 私も( *´艸`)

薔薇の雨

田辺 聖子/中央公論社

スコア:




人生は、だましだまし (角川文庫)

田辺聖子




ふたりの余白 (集英社文庫)

渡辺淳一/集英社

スコア:




 中山裕香さん(友達・介護)9月17日 


 
e0093741_08052195.gif
西端孝子さん(ナース) 10月8日 A型


e0093741_10583461.jpg

岸田教授・先生 11月19日  A型??

筒井佳代子さん(介護)12月3日 A型

水谷房子さん(花屋)12月7日 AA型

谷本のり子さん(介護)12月9日 A型



響さん  12月25日 O型
~ 絵の具を混ぜてる途中みたいな色の空ですね。
ぐるぐる空気が入ってるっぽいような(笑
2011/10/01 01:28 by 響

~ぁれ! 車椅子。 慣れると結構便利なんですよね
(汗 僅かな傾斜に思いの他手こずったりもする一方 視界ががくんと下がるので普段目に入らないものが 見えてきたりもして。
しかも目線の先にこんな色の花があったら 僕なら「得した」と単純に思います。 いい事もあるんだなぁと感じると思います。
2011/07/09 17:41 by 響

雨さんの綴る情景は いつもなんだか頭に残ります。
頭に残ったあと それが胸のあたりに移動するので 僕はそれをしばらく抱えることになるのです。
2011/04/20 17:42 by 響

e0093741_08142885.jpg
  
e0093741_08422093.gif
                ありがとう

e0093741_07115363.jpg




# by before_rain | 2019-02-06 11:06 | 誕生日
木枯らしの吹く前に


今夜は,何食べた?

e0093741_0543545.jpg


シチューの残り
グラタンにして 


e0093741_0581013.jpg



ふ~~ん
そっか..



すべるなよ,キョロついて


e0093741_125085.jpg





今夜は何が食べたい?




e0093741_14834.jpg


妙な会話だなぁ(笑



そうね..


とっても



e0093741_151776.jpg
                       

                   2012年 12月5日 記事
   公園 全部




# by before_rain | 2019-01-29 08:43 | 一平と嵐
車を大好きだった(T_T)

2014年夏 脳出血しました。
2014年夏~2015年1月病院

車 

好きなものは、
ブログ(^ム^)と、「誕生日」です。


e0093741_10375887.gif


**************

1月1日 アップルさん わたし。
 
1月13日 弟(takayuki) 友だち(nishimuraさん)です。


車をウマい5人です。

そして

響さん (^^♪

大好きな5人



e0093741_1042388.jpg




e0093741_10471343.jpg

# by before_rain | 2019-01-29 08:34 | 誕生日
天使がくれた時間
e0093741_21261965.jpg
                       2016年12月29日に記事


先生へ

12月27日…朝


研究をずっと、秋も…

先生

私は失語です。 ことばが、言えないです。

e0093741_21332576.jpg

    シアトル公共図書館



e0093741_2135428.jpg

    ミシャワカ-ペン-ハリス公共図書館ハリス





e0093741_2244541.jpg


トップカスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
人生で一番たいせつなものは投稿者 ぱるぴー 投稿日 2004/8/22
形式: DVD
 もしもあの時、こうしていたら人生はどうなっていたのか。という、ある意味よくあるストーリーです。それでも、どっぷりと最後まではまってしまう映画でした。ティア・レオーニがいい!女性のかわいらしさ、美しさを魅せ付けてくれます。そしてニコラスケイジもよかった。
 愛か、お金かと対極で見てしまう映画に思われますが、ニコラスケイジ扮するジャックは、愛する妻ケイトを手中に納めても仕事のチャンスをつかもうとするところはとても共感できました。愛も大切。仕事も大切なんです。子供も、友人もすべて大切なんです。この映画に人生は自分でつかんでいくことだと教えてもらいました。これは、ずっと愛せる人を見つけること、ずっと愛されることの幸せを教えてくれる映画ではないでしょうか。そして、すべては自分の力で手に入れていくのです。そんなラストシーンも最高でした。


2016/11/5
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ニコラスケイジって、実はあまり好きな役者ではなく、彼の出ている映画は避けることが多かった。
これも、彼が出ているというだけで、最初は避けていたけれど「突然違う人生を送っていた」の部分に惹かれて、ウォッチリストに入れ、先ほど観終わった。

途中から「あ、この映画はやばいヤツだ」という気配がビンビンときたけれど、やっぱりやばいヤツだった。
家庭を築き、生活とか将来が見えてきたりする40代くらいから、結構多くの人が「いやいやいやいや、俺の人生はこんなはずじゃなかったんだよ」と思ったりするでしょ?
あの時にあーしておけば、きっと今頃はフェラーリ乗ってた、とかw

で、今。
なんていうんだろ?
奥さんがいて、子供もいて、仕事もあって、時には家族旅行にも行ったりなんかして
スーパーに買い物に行って、グラム1000円の牛肉を「たっけぇーな?」とか思いながらも、なんとか買うことができて
シャンパンなんてめったに飲めないし、ワインだって普段飲むのは3リットルくらい入ってる箱のヤツだし
家でも「とりあえずビール」とか言いながら発泡酒だったりするけど
けっこう嫁さんと一緒に食事するし「これ、うめーな、おい」って会話もそれなりにあって
そして家族の寝息が聞こえる場所で...続きを読む ?

・・・・・・・・・・・

男心をくすぐるファンタジー投稿者 Ray VINE メンバー 投稿日 2010/8/19
形式: DVD
原題は"Family Man"。家庭を大事にする男、ということでしょうが、主人公はこの反対のキャラクター。マンハッタンの金融会社の社長でM&Aを仕掛けるやり手のビジネスマン。家族などは持たずに、リッチな独身貴族の生活に明け暮れている。映画の冒頭は13年前、成功を求めて恋人と別れる空港のシーンから始まる。そして現在、成功した彼は「天使」と出会ったことで、クリスマス・イブの朝、目が覚めると元恋人と二人の子供たちに囲まれた平凡な家庭の夫になっている。仕事はタイヤのセールスマン。そう、主人公は別の人生を生きる事で、家族や愛の大切さを知ることになるというファンタジーだ。主人公の心の葛藤が非常によく描かれていて、少し切ない。映画公開の時のキャッチが確か「あのとき"YES"とこたえていたら、ふたりは、どこにいたのだろう」だったと思う。自分自身の昔の恋人を思い出させる少しノスタルジックでかつロマンティックな要素もあり、好きな1本だ。別れた恋人が、「別の人生」では無報酬の弁護士だったのだが、実際、夢から覚めて会いに行った彼女は、彼と同じくらい成功した女性になっているところが面白い。そしてエンディングは再び空港へ・・・。ブレッド・ラトナー監督は、近年ではテンポよく無駄の無い映画を作る逸材だ。



…                        



                   2月27日

e0093741_07395704.jpg

# by before_rain | 2019-01-29 08:30 | 先生へ
治夫 夫


e0093741_13402185.jpg



2月20日 誕生日








e0093741_13405335.jpg
 
                      5月31日に亡く…



# by before_rain | 2019-01-28 13:45 | 誕生日
今日


e0093741_16443145.jpg



おーーーい。








e0093741_16453761.jpg


何か,用か~?


            公園    

                         2006年9月27日





# by before_rain | 2019-01-26 10:47 | 公園(^^♪
小説~「一平が泣いてる」


わたしを離さないで [DVD]

キャリー・マリガン,アンドリュー・ガーフィールド,キーラ・ナイトレイ,シャーロット・ランプリング/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



e0093741_15133550.jpg





e0093741_15142295.jpg






e0093741_15150215.jpg





e0093741_15160571.jpg


短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1990年代末のイギリス。「介護人」キャシーは、ヘールシャムと呼ばれる施設で育てられた「提供者」達の世話をしている。そもそも、キャシーも生まれながらにしてヘールシャムで育った提供者である。施設を出て、大人となったキャシーは、閉鎖的なヘールシャムでの子供時代を回想していく。

ヘールシャムでの教育は、至って奇妙なものであった。「保護官」と呼ばれる教員達により「展覧会」に出展するための絵画や詩などを作る創作活動や、毎週の健康診断などが実施されていた。キャシーが12・3歳の頃、彼女にはトミーという親友がいた。彼は周囲の能力の差についていけずに教室内で度々癇癪を起こす生徒だった。しかし、ある日を境にトミーは騒ぎを起こさなくなり、それがキャシーにとっては疑問であった。ある日キャシーは、トミーに騒ぎを起こさなくなった理由について問いただす。彼は「保護官」の一人であるルーシーの影響だと語る。トミー曰く、ルーシーには絵を描きたくなければ描かなくてよい、と言われたという。またルーシーはヘールシャムの方針に不満を抱いていることがトミーの口から明かされる。この話を聞いた頃からキャシーは、ルーシーの事を注視するようになった。

キャシーが15歳になったとき、ヘールシャムでの最後の1年の出来事であった。ある雨の日、ルーシーは生徒の「映画俳優になりたい」という一言を耳にし、突如生徒を集めヘールシャムの真実を語る。「提供者」達は臓器提供のために造られ、摘出手術が終われば死ぬだけのクローンで、ヘールシャムを出るとすぐに臓器提供が始まるから将来の夢など無意味だという真実を。

評価[編集]

抑制された文体で人間と社会の新たな関係を描き出した本作は、英文学者の柴田元幸がイシグロの最高傑作と激賞する一方[5]、作家の佐藤亜紀はあまりにエモーショナルな情動を追いすぎていると酷評し、2006年のワースト作品であると公言した[6]。

2017年度ノーベル文学賞がイシグロに送られた際には、その受賞理由である「世界と繋がっているという我々の幻想に隠された深淵を偉大な感情力で明るみにした一連の小説」を体現する代表作として本作を紹介する解説者が多くいた。[要出典]

日本語訳書[編集]
『わたしを離さないで』土屋政雄訳 早川書房、2006年4月、ISBN 978-4152087195
ハヤカワepi文庫、2008年8月、ISBN 978-4151200519




e0093741_07395704.jpg
                 公園



# by before_rain | 2019-01-25 10:42 | 一平と嵐
年上の女  ☆光る瞳 ①
e0093741_041441.jpg


「両手を万歳して,まるで子供みたいな寝方ね…」


そういうと,その人はあしを絡めて来た。


辺りはすっかり白い闇に包まれている。


ひんやりと,トカゲのような感触だ。


ゆうべ,「もっと,殴ればいいじゃない」

と光る瞳で言った人とは

別人のようだった。頬の輪郭が優しく揺らいでいる。




俺は女が嫌いだ。


だからこの人といるのかもしれない。


女に纏わる,。面倒が嫌なのか…

どうか。。。


なんだか,こんな年で,もう,すべてを見果ててしまったような気もする。

ときめきも,憧れも,好奇心も

なんもない。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間ほど前

ある人が,僕の車に,飛び込んだ。

待ち伏せしていて,飛び込んで来た。


普通に付き合って来た人だ。。ごく普通の関係。


だけど,その人は思いつめるタイプだったのか,

正直言って,よく解らない。


女性に男が解らないように。。

わからないし。解りたくもない。




その点,今,ここにいる女は

少なくとも,あと1年や2年は

僕の車に飛び込んで来たりはしないだろう。




僕は,この女の過去を,素手でつかんでいる。

放してほしいか…?



ゆうべ,そう言ったら,

「殴りたければ,殴りなさい」と言われた。


涙が滲んだような,綺麗な瞳だった。



ひょっとして,僕はこの女に恋をしているのだろうか…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「モニターに,。ね,虫がいるでしょう,潰さないでよ」


ほんとだ,



見えます…?右上の小さなやつ。1ミリ





e0093741_17471693.jpg



# by before_rain | 2019-01-25 10:36 | ☆年上の女(人)
年上の女 ☆星の降る夜 ②

e0093741_10302192.jpg
                            公園


「これから,どうするの?」


するりと俺から,,抜け出して,
窓の外を眺めている。

長い髪が光の粒を反射していた。


あとは,夕方から,家庭教師のバイトだけだった。

今どきの,とぼけた高校生と違って,俺の生徒は

真面目で,健気だ,勿論,男。。


この間,俺のノートの端に,くっきりとしたキスマークを見つけて

ひどく慌てた様子が可笑しい。



恥ずかしながら,誰に付けられたのか覚えてはいない。


パール・ピンクの小さなキスマークだから,この人かもしれない。



「なに笑っているのよ☆」


振り返ったこの人は→(・へ・)こんな顔だった。



「空々しい笑い方するわねぇ…駅まで乗ってきますか?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も秋がやって来た。


燃え立つような色を見せたあとの,枯葉。


燃えると,苦しい。やりきれない。


命の果てまで行く気がする。。。


と横で運転する人は言う。


僕だって,苦しいさ。


銀色のベンツが,音のない加速で追い抜いて行った。



横の人の頬が少し翳った。


「止めなよ」



「その前にエンジンがギブ・アップ」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「愛してるよ」


その声は,急加速のエンジン音にかき消された。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冬枯れの林に

ふたりで

いる


空には満天の星月夜だ。




e0093741_17305861.jpg


同棲時代―Complete edition (中) (fukkan.com)

上村 一夫/ブッキング

スコア:






# by before_rain | 2019-01-25 10:31 | ☆年上の女(人)
ポーセラーツ日記 あやかさんへ

e0093741_07255958.jpg
 

        本当にありがとう(^^♪
         
            (ブログにイイネボタンに…)



e0093741_07390033.jpg




e0093741_15583256.jpg
                             公園

       https://kobacafe.exblog.jp/




# by before_rain | 2019-01-25 09:52 | イイネ( ^^) _旦~~
眠れない・小説・

新版 生きるヒント 4 ほんとうの自分を探すための12のレッスン (集英社文庫)

五木 寛之/集英社


私は,失語症で わからない。
特に
前の事は,解らない。

e0093741_14040415.jpg
短期大学で,よく居た。食べるもの…
ふたりで,美味しかった。

たぶん,北側で 私は勉強してた。

e0093741_14194882.jpg
愛知大学でした。お風呂は どこかなぁ て
想っていた。


私は

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

null


こんな感じ
<ストーリー>
ジェナは片田舎の小さなカフェで働くウェイトレス。素敵な出逢いに心がときめいたり、辛い現実に心が乱れたときに、自分の気持ちを込めたオリジナル・レシピでパイを焼き、食べる人を優しく温かな気持ちにさせる才能を持っている。ところが、嫉妬深い夫アールのせいで、人生失敗続き。家とカフェを往復するだけの人生を送っていた。密かに家出計画を進行させていたある日、予想外の妊娠が判明する。絶望と困惑に駆られるジェナの前に現れたのは、産婦人科医のポマター先生。挨拶がわりにと持参したマシュマロパイが、ふたりの心を急接近させてしまい……。



でも

この人と暮らせたら―愛される女は何が必要か (集英社文庫)

山口 洋子/集英社


いいなぁ。。。。。



でも
 


風のように・女がわからない (講談社文庫)

渡辺 淳一 /講談社

null

不倫は家庭の常備薬 (講談社文庫)

田辺 聖子 /講談社

null


嵐は,↑↑↑ フリン ふりん

大嫌い! (-_-)/~~~ピシー!ピシー!


だいきらい~



はぁ。。。。


可愛いもの


  
e0093741_14460434.jpg
 名前は「くま」
かわいい!(^^)!


*嵐もかわいい~(^^)/ 


それから

e0093741_14540503.jpg




# by before_rain | 2019-01-24 13:49 | 一平と嵐